カーディフでのテレビジャーナリズム

放送中

カーディフ大学での勉強中、レポーター、プレゼンター、カメラマン、エディターとしてテレビジャーナリズムに携わっていました。予備的なニュース検索からカメラで撮影されたインタビューまで、私たちは制作日の終わりに誇りを感じました。もちろん、間違いもあり、自信が持てないこともあったので、必ずしも簡単ではありませんでした。しかし、ニュースはテレビパッケージを作成するよりも見つけるのが難しいことに気づきました。

インタビュー中

ニュース検索の主な分野は、人々が何かについて不満を言っているソーシャルメディア、請願ウェブサイト、小さな地元の新聞でした。外に出て「ニュースに鼻を突く犬」になったほうがいい場合もあります。たとえば、パブで何かを見つけることがよくあります。

ただし、ニュースは現実的で関連性があり、公共の関心事として重要であるべきです。そうでなければ、ニュースのアイデアは編集長のオフィスを通過しません。

したがって、包括的なニュース検索をしていて、必要に応じて編集部で同僚と簡単に話し合うことがあるもいいです。

テレビはラジオとは異なり、トピックに応じて顔、家、労働条件などの個人情報や写真を表示します。これがおそらく、人々がカメラの前でインタビューを受けることを望まない理由です。 また、全く答えない、決められた時間に来ない人もいます。しかし、ジャーナリストにとって、インタビューの撮影は、おそらく10回目の試みの後で、どういうわけか起こります。そのようなテレビの報告の1つは、COVID-19パンデミック時のカーディフ観光産業の困難に対処しました。

ツイッターでのお知らせ

ウイルスの影響は、観光客や旅行代理店の計画を台無しにしました。観光客は、すでに支払ったお金と旅行計画について心配しています。ツアーオペレーターは、溺死した事業を閉鎖するか継続するかさえ知りません。 「未知のウイルス」は未知の未来をさらにひどい影響を受けまし、誰かのポケットとか、誰かの健康を奪います。下のボタンをクリックして、カーディフの観光産業が世界的に有名なパンデミックシナリオにどのように対処したかについてのレポートをご覧ください。

テレビパッケージがされるたびに、ニュースのマルチメディアバージョンも作成しました。若い専門家にとって、これらすべてのジャーナリズムの目標を1日で達成することは少し困難でした。

これらの実践的な課題を通じて、面接対象者と協力し、適切な質問をしてストーリーの要素を明らかにし、カメラの前で快適に感じる方法を学びました。

舞台裏

前述のように、私たちはカメラの前に留まるだけでなく、サイドを切り替えて、撮影/編集者としての技術スキルを向上させました。雨や風が強いカーディフでは、雨滴や強風からカメラを守るため、オペレーターはカメラに特別な注意する必要がありました。画像の明るさ、カメラの焦点、音の明瞭さなどにも注意することが重要でした。

私たちは正午までに撮影を終えようとし、午後のニュースに備えてすぐに編集を開始しました。時々、パッケージを準備している間、ニュースルームで昼ごはんを食べなければなりませんでした。

私たちは研修生ジャーナリストとして多くの間違いを犯しましたが、彼らは私たちにとって役に立ちました。

私たちは撮影に出かけるたびに、レポーターとカメラマンとしてペアで作業しました。それらの経験の1つは、ブラジル人の同僚であるディエゴパバオとのテレビパッケージでした。私は午後のニュースのために彼のプログラムの撮影、音質、編集を担当しました。

ご清聴ありがとうございました!

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close